So-net無料ブログ作成
img_4_45.png

久しぶりの長野行き♪ [考古学]

先日は出張で、学生以来の長野行き。8年ぶりくらいかなぁ?

目的は、ココとココでした。
RIMG3392.JPGRIMG3448.JPG

佐久平駅でレンタカーを借りて行きましたが、まさかの雪[雪]ゲッ・・・[たらーっ(汗)]

長和町から諏訪市への道は、盆地内はそうでもないですが、さすがに和田峠越えは積雪で緊張しましたねぇ。

諏訪市では、湖畔が温泉街で、予約してた旅館も普通の温泉旅館でラッキー[るんるん]
ビジネスホテルより安くて、素泊まりですが満足[わーい(嬉しい顔)]

夜は、ブラブラ歩きながら、レトロな飲み屋街を散策。

まぁ、ネットで調べてココっては決めてたんですが、こちらのお店にお邪魔しました。

旬采 四季

何だかあったか~いお店でした。
ご夫婦と地元のおばあちゃんの3人で切り盛りしてて、適度な会話も楽しかったです。

お客さんにも亘理が実家という方もいて、楽しい夜でした。

あっ、もちろん料理も美味しかったですよぉ[るんるん]
RIMG3427.JPGRIMG3428.JPG

べろべろに酔っ払いながら、就寝[眠い(睡眠)]

次の日は、諏訪市博物館に[ダッシュ(走り出すさま)]

でも10:00~予定の研究会が午後からに変更になったので、午前中は信濃国一宮・諏訪大社に[晴れ]
なかなか圧巻な神社でした。
RIMG3442.JPG

帰りはちょうど中央道のトンネル事故があって、高速の運転が不安でしたが、無事帰宅。

年明けはまた長野行きがあるので、長野づいてるなぁ[わーい(嬉しい顔)]
nice!(5)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

考古学講座 -弥生時代のやまがた- 開催のご案内 [考古学]

一応、私しゃべりますので、宣伝を。
あぁ、何しゃべろうかなぁ・・・。

http://www.yamagata-museum.jp/mu220e0ty-1984/#_1984

http://www.yamagata-museum.jp/moyoosi/h24/houjou_to_inori/seminar_h24.pdf

 近年の大規模開発により、山形県埋蔵文化財センターをはじめ市町村教育委員会による発掘調査が行われ、
豊富な調査資料が増えております。本講座は、これらの資料を有効に活用し、埋蔵文化財の保護と普及、博物館の教育普及を積極的に進める目的として行うものです。今年度は近年の発掘事例のほか、県内外の弥生時代の様相をうかがう内容もあります。ぜひ、お気軽にご参加ください。

第1回: 10月20日(土)
「弥生時代の山形県」 県内遺跡の概観  佐藤庄一氏(山形考古学会)

第2回: 11月17日(土)
「弥生時代のお墓」 南陽市百刈田遺跡  長橋 至氏(県教育庁文化財保護推進課)

第3回: 12月15日(土)
「弥生時代のはじめの家」 村山市作野遺跡  植松暁彦氏(県埋蔵文化財センター)

第4回: 1月26日(土)
「弥生時代の道具あれこれ」 東北地方の遺跡出土品  佐藤祐輔(地底の森ミュージアム/仙台市)

会場:山形県立博物館講堂
時間:13時30分~15時
対象:一般成人(約50名)
費用:無料
申し込み:不要
タグ:考古学
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年最後の石拾い [考古学]

日々、忙しくて、なかなか石拾いの日程を調整するのも難しい・・・。

ということで、寒くなるギリギリに山形まで行ってきました[ダッシュ(走り出すさま)]

最近行ってなかったけど、行けば確実に取れる川まで。
RIMG2804.JPG

あんまり荒らされた形跡もなく、比較的たくさんとれました♪

お昼はいつものそばやへ、と思ったら、何と水曜定休日・・・・[がく~(落胆した顔)]
ほかに食べるとこ知らなかったので、呆然と立ち尽くしていると、通りがかりの地元の工事関係者が[exclamation×2]
つかまえて聞いてみると、温泉の近くに一軒そばやがあるとのこと。

どうでもいいですが、山形の人としゃべると一気に方言に戻ってしまう不思議。

藁にもすがる思いで温泉まで行ってみると、やってるじゃないかぁ[わーい(嬉しい顔)]
ここがダメだったら、町まで戻らなくちゃで、だいぶ時間をロスするところでした。

RIMG2808.JPGRIMG2807.JPG

何だか、田舎時間を絵に描いたようなスローなお店でしたが、無事腹ごしらえを済ませられました。
そばは、ちょい茹で過ぎ。
いっしょに行った仙台の人のほとんどが、店の前の看板にあった「かいもぢ」を知らないのにはビックリ[たらーっ(汗)]
標準語では「そばがき」かな?でも丼で出てくるスタイルは「そばがき」とはイメージが違うようでした。

その後は、雨が降ってきて、母なる川まで下りていきましたが、結構な収穫。
これで来年までは持つでしょう。めでたし、めでたし。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

石拾いで・・・ [考古学]

先日、今年2度目の石拾いへ行ってきました[ダッシュ(走り出すさま)]

気温が36度を超える中、よく行くわって感じでしたが、清流の涼しさも倍増です[るんるん]
RIMG8889.JPG

お昼は下調べ済みのコチラでそばを[わーい(嬉しい顔)]
清右衛門そば

RIMG8894.JPGRIMG8892.JPG

うんまいそばでした[るんるん]
一緒に出てくる草もちも[手(チョキ)]
しいてマイナス点を言うなら、漬物くらいかな・・・。

肝心の石拾いは、まぁまぁの収穫だったけど、最後に悪夢が待ってました[もうやだ~(悲しい顔)]
川原まで降りた車が、砂地にはまって脱出不可能に・・・。

人生初のJAF出動依頼です。
真っ暗になった川原に、あかりを灯した車が来たときは涙が出そうでしたねぇ。
RIMG8902.JPG

マジでJAFの人が神様に見えました。
助けてもらった後に、JAF入会の勧誘受けたら、大抵の人は入っちゃうね。
入れなくて申し訳なかったけど、Sさん、ホントにありがとうございました!!

8月24日の飲酒量@自宅
ビール×2本

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いっぱいとれた♪ [考古学]

何ブログかさっぱり分かんなくなってきましたね(笑)
最近はフィギュアネタまで出てきて、ますます怪しくなってきた。

ということで、初心に戻って、考古学ネタ[exclamation×2]

山形産頁岩で石刃剥離。2800gの原石。
少しやってみて良さげな石材だったので、本格的に剥離開始。

やってみたら、かなり上手くいきました。
大小あわせて36本。これまでで一番上手くいったかも。
RIMG8242.JPG


いつものツゲ製ハンマーで剥離ですので、打点はこんな感じ。
RIMG8248.JPG

最近は、反りのあるなしの剥離を調節して剥がせるようになってきました[るんるん]
RIMG8243.JPGRIMG8245.JPG

結果は、石刃の重さ1000g。残滓1750g。
RIMG8256.JPGRIMG8255.JPG


どうなんでしょうねぇ。結構上手くいったつもりですが、石核をもう少し整えればなぁ、と思います。
今回は、原石の形状が変わってたので、あらゆる方向から剥離していきました。
結果、ちょっとみっともない残核になってしまった・・・。
RIMG8254.JPG

やり終わった後は、こんな感じです。
RIMG8251.JPG

上手い人はチップ・フレイクをあんまり散らかさないそうですが、まだまだ下手くそですね・・・[たらーっ(汗)]
というより、無意識のうちに、叩いた直後に分類してしまうんですよねぇ・・・。原位置は保ってません(笑)

でもだいぶ無駄なくつくれました[わーい(嬉しい顔)]

これは作業初期の皮付きの剥片。
RIMG8253.JPG

1度に2回敲いちゃった時にできる、極小石刃。
見分けるのは、打点調整の有無くらいかなぁ?打面の頂点を叩いてないからすぐ分かるんだけどね。
RIMG8252.JPG

目的的にとれる石刃の量をもう少し増やしたいけど、これが今のレベルには限界。
落ち着いたら、少し強化してみます。

ではでは。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村
タグ:仙台 考古学
nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

柄にもなく [考古学]

先日、現説があったので行ってきました[ダッシュ(走り出すさま)]
一応、調査・研究目的で。職場からチャリで約45分ですね。良い運動でした[手(チョキ)]

最近の仙台の遺跡では、1・2を争うヒット遺跡ですから、人が集まるのも納得です。
RIMG6495.JPG

水の抜けた沼。もう二度と見れないかもです(いや見れないなぁ)。
RIMG6523.JPG

お窯がズラリと並んでます。
RIMG6497.JPG

瓦工房とされる建物も。
ちょっと遺構の性格を特定するには根拠が薄いけど、粘土とか出てきたら面白かったのにねぇ。
RIMG6521.JPG

それにしても、堤をつくるときに、相当窯跡の上部を削っただろうにねぇ。
もったいないけど、また沼下に長い眠りにつくのでした・・・[眠い(睡眠)]

コレ↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村
タグ:仙台 考古学
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

ここまで取れるようになると気持ちがいい [考古学]

fbとほとんど同じネタですが、気にしないでください[目]

体験用に剥片をつくってましたが、機械的に剥離作業をするくらいつまらないものはないです。
ただ太股が痛くなるだけ・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

ということで、良い石が目に入ったので、まじめに剥離開始。
(親指のカットバンは剥離中、チップが刺さって大出血ですが、日常茶飯事なので気にしないでね)

するとうま~く石刃核ができたので、ツゲの木でポ~ンとたたくと、コレ[左斜め下]から。
RIMG6487.JPG

なが~いのが一枚[るんるん]15cmです[exclamation×2]
RIMG6488.JPG

そしてお隣の稜を狙って、もう一度ポ~ンと。
RIMG6489.JPG

ここまで取れると、あとは順調に[るんるん]何だかホントの遺物みたいだ。
RIMG6486.JPG

いやいや、石核・打面の調整の大事さがわかります。
でも、画像にすると、石刃の大きさが伝わらないのが歯がゆい・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
まじめに気持ちいいですが、ここまでくるのに4年かかりました・・・[たらーっ(汗)]
石器づくりが上手くなる一番の方法は、自分より上手い人をまねること[exclamation×2]
私がここまで4年かかったのは、身近に石器づくりを教えてくれる人がいなかったからですので、
仲間がいて、みんなでワイワイ毎日のようにやってれば、1年やそこらで上手くなると思います。
日本に石器づくりをする人の人口が少ないのは、こういうとこに原因がありそう。
そして、最初にやってみて、上手くできないからすぐ諦める人が圧倒的に多いのも事実・・・。
そんなすぐ上手く割れたら苦労しないよ・・・。
才能もあるかもしれないけど、ただひたすら考えながら何度も何度も打つべし[exclamation×2]

ちょっとグチっぽくなりましたので、比較用に黒曜石も割ってみました[手(チョキ)]
RIMG6491.JPG

何だろう、普段頁岩を割ってると、黒曜石の簡単なこと[わーい(嬉しい顔)]




と言いつつ、正直、力が入りすぎて難しいんですけどね。
黒曜石ばっかり割ってる人は、たぶん頁岩は割れないでしょうね。
その逆もまたしかり。

ようやく風邪が治ってきました。
集中すればもっと、上手くなるはずだ[目]日々精進。


nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

試し割り [考古学]

先日採ってきた石で試し割りをしてみました。

黒い色のは、意外と素直に言うことを聞いてくれましたね。
石核をうまくつくれず、気づいたころには小さくなって、必然的に石刃も短め・・・[ふらふら]
RIMG6474.JPG

これは白川で採った比較的良いやつ。グレーな感じのもの。
原石が丸っこくて、これまた石核を作るのに苦心・・・[たらーっ(汗)]
RIMG6475.JPG

まぁ、そこそこ取れましたが、まだまだですねぇ。
これは小学生の体験用に、ちょっと不揃いな感じのものを剥離[手(チョキ)]
あんまりきれいな石刃は、体験用にはむきませんので。
これは、真室川の石ですけど、節理がちょっとあるくらいで、結構好きな石でしたね。
RIMG6480.JPG

そして石器用語に思うこと・・・。
「稜付き石刃」という言葉は、適切なんだろうか?
RIMG6476.JPG

石刃核から第1発目に剥離した石刃のことを指す言葉だけど、石刃なら基本的にどれでも「稜」は付いてるはず。
RIMG6479.JPG

「トサカ状稜付き石刃」とも言うらしいが、長ったらしい・・・。
個人的には「稜張り石刃」が良いと思ってます。

まぁ、どうでもいい話ですけどね。

木製ハンマーのヘッドが、だいぶ減ってきたので、できれば新調したくなってきました。
けど、良いツゲの木ってなかなか手に入らないんだよねぇ・・・。
自宅の生垣を切っても良いよ、という方、ぜひ教えてください(笑)
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

ギリギリセーフ [考古学]

お待たせいたしました、協会にギリ間に合いました[わーい(嬉しい顔)]

RIMG6465.JPG

明日は売り子してますので、ぜひぜひお買い求めください!!

『籾』8号 ¥1,000

佐藤信行「発刊にあたって」

斎野裕彦「岩手県足沢遺跡出土「遠賀川式土器」の評価」

佐藤由紀男「東北北部出土の弥生系磨製石斧について」

大坂拓「垂柳式土器の蓋と恵山式土器の蓋―弥生中期本州島東北部における蓋形土器の一系譜―」

日下和寿「弥生時代石器集成8」
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

今年最初の石拾い [考古学]

仕事の話ですけどねぇ・・・。

今年1回目は、とある方の著書を参考に某市の山中に[ダッシュ(走り出すさま)]

こんな感じのところに[目]
RIMG6389.JPG

チョコレート色のものが結構採れると書いていましたが、正直そんなにありませんでした・・・[あせあせ(飛び散る汗)]
やっぱり、関東の人と山形の人とでは、「採れる量」の感覚が違うのかなぁ?

昼食は「道の駅 田沢」で。

そばが出てくるのに1時間かかり、昼食で大幅な時間のロスをしてしまいました。
もう絶対にここには行きません。

RIMG6392.JPG

まぁ、野生のサルの群れ見れたんで、良いんですけどね[わーい(嬉しい顔)]
どこにサルがいるでしょう???見つけられます???
RIMG6395.JPG

子ザルもいて、めんごかったなぁ[るんるん]
RIMG6397.JPG

時間のロスはあれど、まぁまぁの収穫でしょうか?
黒っぽい石は、今まで行った場所ではあんまり採れないタイプの質ですねぇ。
RIMG6415.JPGRIMG6416.JPG

さっそく黒っぽいので割ってみましたが、結構割りやすい[手(チョキ)]
成果は後ほど。

今回の教訓は、「本を信じるな」ですね。
やっぱり自分の足・目で確認しないとです。

ではでは。
タグ:考古学
nice!(2)  コメント(62) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。